読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ほぼ毎日更新!】女優が脱いでる(ヌード)映画アーカイブ

吉高百合子や市川由衣などの女優が脱いでる(ヌード)映画をほぼ毎日紹介します。

スカーレット ヨハンソン(Scarlett Johansson)

さ行

【ヌードが見れるDVD、写真集】

理想の女(ひと) [DVD]

理想の女(ひと) [DVD]

幼い頃から演劇教室(リーストラスバーグ・シアターインスティテュート・フォー・ヤングピープル)に通い、8歳のときにオフ・ブロードウェイの舞台『Sophistry』でデビュー。1994年に『ノース 小さな旅人』で映画デビュー。『のら猫の日記』や『ゴーストワールド』で注目を集める。

2003年公開の『ロスト・イン・トランスレーション』、『真珠の耳飾りの少女』での演技が高く評価され、この年のヴェネツィア国際映画祭ブレイク女優賞やロサンゼルス映画批評家協会賞ニュー・ジェネレーション賞を受賞、英国アカデミー賞では両作品で主演女優賞のダブル候補となり、前者の作品で共演のビル・マーレイと共に受賞。ゴールデングローブ賞においても前者の作品でミュージカル・コメディ部門に、後者の作品でドラマ部門の候補となった。

2004年公開の『ママの遺したラヴソング』で再びゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)の候補となった。

2005年には『アイランド』で初のサマーシーズンの大作映画でユアン・マクレガーと共に主演を務めるが、作品は興行的に奮わず失敗作となり、フィルムメーカーから失敗の責任を押し付けられてしまった。一方、同年公開の低予算で作られたウディ・アレン監督作の『マッチポイント』ではゴールデングローブ賞 助演女優賞の候補となった。

2006年にはトム・クルーズ主演の『M:i:III』にも出演する予定であったが、製作の遅れに伴い降板。一説ではクルーズにサイエントロジー入信を迫られたためとも報道された(ちなみにスカーレットが演じる予定だった役にはケリー・ラッセルが起用された)。また、同年公開された『ブラック・ダリア』では批評家からミスキャストと評された。

2010年1月にアーサー・ミラーの戯曲『橋からの眺め』でブロードウェイデビューを果たし、トニー賞 演劇助演女優賞を受賞した。

【女優のヌードとアイドルの最新情報をご紹介】