読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ほぼ毎日更新!】女優が脱いでる(ヌード)映画アーカイブ

吉高百合子や市川由衣などの女優が脱いでる(ヌード)映画をほぼ毎日紹介します。

hitomi

LOVE LIFE 2

LOVE LIFE 2

人物・略歴

栃木県内で生まれるが、生後間もなくして神奈川県川崎市の生家に移る。
o 尚、彼女は栃木県に住んだ事は無く、栃木県の生まれではあるが主な生育地が川崎市内の為、「栃木県生まれの川崎育ち」と見做されており、この説が有力である。よって実質は神奈川県出身(但し、公式プロフィールでは出身地の言及は無い事が多いが、詳しくは#その他を参照の事)。[3]

1993年雑誌『Fine』のモデルになり、ヒロミチナカノのショーなどに出演。

中学生の頃より数々のオーディションに応募しており、中学最終年の1990年に出場した第15回ホリプロタレントスカウトキャラバンでは決勝迄進出。また、「モモコクラブ」にも所属し(桃組出席番号・3429番)歌手デビュー以前から芸能活動は行っていた。その他CS放送『スペースシャワーTV』ナビゲーターなどを務めた。小室哲哉に出会ったのもこの頃であった。

1994年、小室がプロデュースしたシングル「Let's Play Winter」でCDデビュー。1995年2月、2ndシングル「WE ARE "LONELY GIRL"」ではオリコン最高位61位を記録し、同年4月3rdシングル「CANDY GIRL」ではオリコンチャート初TOP15入りを果たし、39万枚を売り上げるスマッシュヒットとなる。

デビュー当初から殆どの曲の作詞を自ら行っている。

1996年、2ndオリジナルアルバム『by myself』でオリコンチャート1位を初獲得。約80万枚を売り上げた。
小室ファミリーの落ちこぼれ」と自称しているほど、思う様にメガヒットを飛ばせない事を気に掛けてきたが、1998年頃に小室プロデュースの元から離れて以降むしろ売り上げが乱高下している他のファミリーや元ファミリーと異なり、順調にヒットを生んでおり、特に2000年から2002年は彼女の隆盛期である。

1999年、初のベストアルバム『h』を発売。オリコンチャート1位、約50万枚を売り上げた。

2000年にシドニー五輪で金メダルを獲得した女子マラソンの高橋尚子が、練習中やレース前にテンションを上げる曲として「LOVE 2000」を紹介した事から、同曲が注目を集め再びチャートを上昇させた[5]。

2002年に元GASBOYSのメンバーでデザイン会社勤務の7歳年上の男性と結婚(5年後の2007年秋に結婚生活に確執が生じ離婚する)。結婚してからまもなくして卵巣腫瘍を患い心配されたが手術は成功し無事に回復した。同年、2ndベストアルバム『SELF PORTRAIT』を発売。もう一度オリコンチャート1位、約60万枚を売り上げた。

2004年、1年半の休業を経て活動を再開。以降も本業の歌手としての他、テレビ出演、女優、モデルなど積極的な活動を行っている。女優デビューは2002年に放映されたドラマ私立探偵濱マイク(但し、ゲスト出演として)。

2005年、デビュー10周年を機に独立してエイベックスより新プライベート・レーベル"LOVE LIFE RECORDS"を立ち上げた。28thシングル「Japanese girl」はレーベル初の発売。

2007年には、映画『悪夢探偵』において長編映画初主演を成功させる。さらに、舞台『Waiting for the Sun“天気待ち”』に初出演。12月5日にデビューから13年間の軌跡が詰まった、コンプリートベスト盤『peace』をアルバム、DVD、ボックスセットの3タイトルで同時発売。デビューから全てのシングル曲が収録されている。

2008年6月30日に、俳優の羽田昌義と入籍・再婚し、7月11日に自身のHP内のブログで発表した。妊娠していた事(当時妊娠4ヶ月)も記述していて、「いろいろな事が起こって自分でもびっくりしているのと、嬉しい気持ちで一杯です」と綴っており、最後には「温かく見守って頂けたら幸いです」で締めくくっている。同年12月23日に約2,900gの女児を出産した。


hitomi - Wikipedia

【女優のヌードとアイドルの最新情報をご紹介】